どうする?2人にひとりが107歳まで生きる時代

人生100年時代

統計的には107歳まで生きるのは2人に1人と言われています。

人生の折り返しは60歳

70歳までは現役

という時代がそこまでやってきています。

70歳で現役を引退してもまだ30年近く生きていく…という人生。

どんなことをやりたいですか?

という質問にほとんどの人は

「わからない」

「やりたいことがない」

という答えが返ってきます。

想像が出来ないのかもしれません。

70歳まで元気でいられるかもわかりません。

でも、やりたいことができる気持ちと体は

準備していたほうが絶対良いです。

だからこそ、健康を維持することは大切です。

元気でない!健康でないとどうなるのか?

●体に不具合があると不安 → 引きこもりになる、筋力低下

●やりたいことが無くなる → 考えなくなる

●社会との関りが少なくなる  → 気持ちが落ちる(やる気喪失)

社会との関わりがなくなると、体だけでなく心も不健康になります。

また、人と接することが少なくなれば

思考能力が低下し、認知症のリスクが上がるとも言われています。

体の不調は突発的な事故や先天的な場合ではない限り

日々、少しずつやってきています。

元気で、不自由がなく、自分の思うがままに行動が出来ている時は

それが当たり前に感じています。

しかし…ある時期に感じ始めます。

●すぐ疲れて、仕事が長く出来ない

●翌朝も疲れを引きずっている

●無理が効かなくなってきた

と感じ始めた時に「歳」を感じ…

●膝が痛い

●腰が痛い

など具体的な症状を感じた時に

「このままでは危険かも」と感じ…

病院に行って結果を聞いた時に、

●運動しなくちゃ

●食事を何とかしなくちゃ

と本気で考えるようになります。

実際に運動しても思い通りにいかないし、

頑張っている割に結果が見えてこないから

止めたくなります。

でもでも、

よく考えてみてください。

その症状になるまでにどれだけの期間がかかっていますか?

1年前? 数か月前?

知らない間になっていて、気が付いたら…

…ではないでしょうか?

だからこそ

少しでも良い状態に戻すにはそれなりの期間を要します。

結果を急ぐと止めたくなります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。