免疫力を上げる3つの方法。

健康
2020.03.09
加圧トレーニング・ダイエットサロンMARSHA (マーシャ)
ボディフィットネス元日本代表 長島雅子 詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

3月に入って日に日に暖かくなってきました。

「新型コロナウイルス」の影響で外出するのを控えている方が多いと思います。

感染しないようにするにはどうしたらよいか?

様々な議論があります。

私は、まず、自分でできることから始めようと考えました。

すぐに効果が出るものもあれば時間がかかるものもあります。

その中で、「免疫力を上げる」に着目しました。

ダイエットや健康増進、筋力や体力を向上させるとの考え方は同じだとも感じました。

それは「時間を要する」です。

始めたからと言って、今日、明日にでもすぐに効果がみられるかといったら、なかなか難しです。

目に見えて効果が実感できるものでもないので【やる気度】からするとぼやけてしまいます。

しかし、あとからついてきますから、今はわからなくても「そういえば最近風邪をひかなくなった」とか、

「出かけていてすぐ座りたくなったのが最近は長くたっていられる」と言ったように、何気ない行動の中で変化がわかるものです。

 

今回は免疫力についてのお話です。

===目次===

① 免疫力とは

② 免疫の働き

③免疫を上げる

========

◆免疫力とは

体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムです。

免疫機能が正しく働いることで私たち健康で若々しくいられます。

 

◆免疫の働き

細菌やウイルス、ほこりや汚染物質など、身体に有害なものがたくさん存在しています。

その有害物質にさらされていても病気にならないのは、有害物質を身体から排除する、免疫という防護システムがあるからです。

免疫力とは身体を若々しく健康に保つ力です。

 

◆免疫力を上げる

①腸内環境を整える

腸内細菌を善玉優位に保つことが免疫力が高まると言われています。

いちばんよい方法は生きたままの菌を町まで届けられれば良いですが、なかなかそうもいきません。

最近よく言われているのが発酵食品をとると良いと言われています。

そのほかに良質のたんぱく質やビタミン、ミネラルなどとると良いともいわれています。

イモ類、根菜類、しょうがなど土の中にできるものは体を温めて免疫力を高めるともいわれています。

よくよく考えるとバランスの取れた食事が良いということになります。

 

②体を動かす

体温が高いとリンパ球が増えて活性化し、免疫機能が高まります。

身体が温まると血管が拡張して副交感神経が優位になり、リラックスしやすくなります。

免疫力アップの動画を作成しました。

シリーズでお伝えしています。

どうぞご覧ください。

YouTube【免疫力を上げる】

 

③自律神経を整える

交感神経と副交感神経のバランスを整えましょう。

現代社会では知らず知らずのうちに頭を回転させ、緊張していることが多々あり、自分では「大丈夫」と思っていても体は興奮状態という場合があります。

副交感神経を優位にすると効果的です。

適度に体を動かすことで夜になると体はリラックスモードに切り替わりぐっすり眠れるようになります。

夕食はできるだけ早めに済ませましょう。なるべく消化の良いものをお勧めします。

胃腸を休ませることが睡眠の質を上げるとも言われています。

入浴はぬるめのお湯でゆっくりと。40度くらいのお風呂に10分以上つかるとよいでしょう。

シャワーだけでは身体が温まらず、交感神経が刺激されるため、あまりリラックスできません。

リラックスをしてストレスを溜めないことも大切です。

関連記事

最新記事

TOP
お問い合わせはこちら