レモンの効果で夏を乗り切る

食事
2020.06.15
加圧トレーニング・ダイエットサロンMARSHA (マーシャ)
ボディフィットネス元日本代表 長島雅子 詳しいプロフィールはこちら

日に日に暑くなってきました。

寒暖差が大きく前日と比べると10度以上。

 

この時期になると飲みたくなるのがレモネード。

みなさんはどんな飲み物が好きですか?

手作りのレモネードをご紹介します。

 

レシピとカット法

レモンのカットの方法だけで果汁の量や香りが違うのだそうです。

写真のようにxにレモンを切ると果汁がたくさん撮れるそうです。

絞るときは皮を器のほうに向けると皮の香りがついてフレッシュさが増します。

レモンのほかにグレープフルーツやオレンジなどの柑橘系はこのやり方がオススメです。

家飲みをするときにもよさそうですよね。

 

 

 

 

レモンの収穫期は秋から冬だそうです。

季節の食べ物と思いきやレモンは冬のものなんですね~。

ですが、気分はさわやかに【夏はレモン】という私の好みでご紹介させていただきました。

 

 

私は体に良いもの=クリーンな食品を心がけています。

市販の清涼飲料水と言われるものは気が進みません。

なぜかというと添加物が多いからです。

自分で作れば何が入っているのかがわかるから安心して口に入れられます。

「私たちのカラダは食べ物でできている」

と言っても良いほど、食べているもので髪の毛や肌の艶が違います。

長年の減量生活で食しているものに慣れているため、「食したものがカラダにすんなり入っている」とか「違和感がある」とか

敏感にわかります。

だからと言って急に種物谷食べ方を変えるとストレスを感じます。

何ごとも徐々に慣らしていきましょう。

 

 

 

関連記事

最新記事

TOP