理想的なダイエット。

大宮西口MARSHAの長島雅子です。

もうすぐ6月。

今年は暑くなるのが早く、すでに半袖やノースリーブなど夏の装いを見かけます。

 

私が自ら実践しているボディフィットネスという競技がオンシーズンになりました。

「簡単に言うと、健康的で美しい体を競う。」

主観的なので、美しい!と言うのも健康的!と言うのも評価は人それぞれ。

競技の上で審査基準となることを踏まえて、体を作り上げます。

一般的に言う「美」とは違うかもしれません。

しかし、「食事、運動、休養」をバランスよく行うことには健康増進でも、ダイエットでも変わりありません。

できることなら、筋肉量を1gも減らさず、脂肪を減らす!と言うのが究極の目標。

体重を見て「減ったから痩せた」とは言えないということです。

しかし、目安となると何になるか?

というと、分かりやすいのは体重になっているのが現実。

それだけで、判断するのは正しいか?と言うとそうではないと思います。

3月から減量を始めています。

体組成を測定して、管理しています。

ここにあげたのは約1ヶ月ごとの私の記録です。

月イチの理由は、筋肉、脂肪は短期間では変わらないということです。

体重は食べた量、水分、排泄に左右されますから日々、誤差があります。

これを見て「太った!痩せた!」というのが、ほとんどなんですよね。

 

約3ヶ月!

日々、時間を費やし、集中してやっても、体重が減るのはこんなもんです。

体脂肪、筋肉に注目してください。

体脂肪は確実に減ってます。

筋肉はほぼ維持してます。

だから、ガタガタと面白いように体重は減りません。

なぜなら、脂肪より筋肉の方が同じ体積に対して比重が大きいからです。

ここを皆さんに十分に理解して欲しいです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

背骨リセット