筋トレの役割

筋トレにどんなイメージを持っていますか?

  • 筋トレすると筋肉が付く
  • ナイスボディになる
  • 痩せるなら筋トレをしよう!
  • 筋肉を付けるためには筋トレ!

筋トレをすると筋肉が付きます。

それは正しいフォームで適切な負荷をかけた場合です。

筋トレには筋肉を付けるほかに

正しく体を動かそうとするための

「筋肉の教育」というのがあります。

それをしないで、いきなり筋トレをしても

綺麗な形に筋肉は付かないのです。

それどころか、関節を痛めて

運動ができなくなってしまうこともあります。

腰痛や膝痛などがその一例です。

そうならないために

正しいフォームで体を動かす事を身につけましょう。

筋トレの前に、自分の体の癖を知ることも必要です。

日常生活では自分の都合の良いように体を効率よく動かしています。

そのままの延長で運動をすると返って歪みを強調する場合があります。

正しい体の使い方ができるようになって始めて、

マシンやダンベルを用いたり、やりたいスポーツを行うと、

体が自由に動いてくれ、手ごたえが感じられるので

運動(スポーツ)をするのが楽しくなります。

筋トレやジョギング、ウォーキングをする前に確認すること

  • 関節に痛みはないか?
  • 筋肉はスムーズに動いているか?

とはいっても、日頃から自分の体を知っていないと

スムーズに動くというのもわかりません。

  • 違和感がないか?
  • 終わった後に嫌な痛みなどはないか

チェックしてくださいね。

_______*______

2月から知識と習慣と実践力を身に付けられる

オンラインレッスン

「まさちゃんオンライン」にいらっしゃいませんか?

☑一人でやるのはちょっとハードルが高い

☑グループで気軽にやりたい

という方にオススメです

募集が始まっております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。