自炊ダイエット。

食事
2019.03.04
加圧トレーニング・ダイエットサロンMARSHA (マーシャ)
ボディフィットネス元日本代表 長島雅子 詳しいプロフィールはこちら

大宮西口MARSHAの長島雅子です。

シトシトとよく降る雨ですね。

昨日からしっかり雨が降っています。

大地にたっぷり水分が行き渡ったような気がします。

雨が降ると不便ですが、大地に恵みを与え農作物や木々はすくすくと育ってくれそうな気がして嬉しいです。

 

減量に入ると料理をするようになります。

自分の口に入るものはやっぱり自分で把握したいからです。

【自炊のメリット】

・カロリー計算がしやすい

・無添加

・調味料など把握ができる

・食材を選ぶことができる

等です。

1人分ですと、作るより食べに行ってしまったほうが無駄がなく、リーズナブル!

というのは何でも食べられる時期。

減量に入ると、外食の方が手間がかかります。

質や量も重要ですから、自分で作ったほうが胃袋も脳も満たされます。

 

【ダイエット食のポイント】

・バランスよい食事

カロリーを気にするあまり栄養が偏ってしまいませんか?

カロリーも大事ですが必要な栄養をバランス良く食べることが体の機能を整えてくれます。

その結果、積極的に動ける体になります。

食事誘発性熱産生と言って、全エネルギー消費量の10%を占めています。

 

・歯ごたえ

噛んで食べることは需要です。

そうすることで満腹感を味わえることができるので、ドカ食いを予防することも期待できます。

 

味のバリエーションを作ることで、毎回楽しく食事をする事ができます。

また、濃い味は炭水化物を多く食べたくなるので薄味がお勧めです。

 

【食事誘発性熱産生】

食事をした後、体が暖かく感じると思います。

男性では食事をすると汗が出るという方もいるように・・・

これは食事からとる栄養素でどのくらいエネルギーを消費するかなのです。

摂取した栄養素の

タンパク質のみ摂取・・・30%

脂質のみ摂取・・・4%

炭水化物のみ摂取・・・6%

平均すると約10%と言われています。

バランス良く食べることで摂取した10%はエネルギーを消費するということですから、バランスよく食べたいですね。

 

歯ごたえ!

私は約半年間の減量期間がありますから、たまにはポリポリ!パリパリ!という食感が恋しくなります。

お煎餅や、スナック菓子のような食感です。

しかし減量中は食べませんので、どうするかというと・・・

ナッツや歯ごたえの野菜を食べます。

 

今回は減量が始まると必ず作るというサラダ!

カレー風人参サラダです。

 

味付けのカレーはスパイスをたっぷり使っています。

塩分を控えるためにスパイスを活用します。

実はスパイスは薬膳とも言われているほど効果的だそうです。

・疲労回復

・肝機能を整える

・アンチエイジングやダイエット

・血液サラサラ

・解毒作用

・殺菌作用

などなど・・・

カレーパウダーも使いつつ、ターメリックやクミン、ガラムマサラ、シナモンを入れると本場のカレー味になります。

もちろん効果も多々あるので、美味しくできて健康的なのを狙っています。

人参のシャキシャキ感が楽しいです。

カレー風味と干しぶどうの甘さがミックスして、人参の香りが苦手な方でも美味しくできますよ~。

オリーブオイルを混ぜるとよりしんなりしてスパイスが馴染みます。

 

こうして私の減量生活は、工夫して楽しんでいるうちに、あっという間に半年が過ぎて行きます。

「ダイエットしたいですけど食事がね~…」という方多いですが、そんなに心配しなくても、やってみるとけっこう、楽しいです。

買い物に行くのも、身体に良い物を・・・と私は自然食品のお店に行く機会が増えて、いろいろなものが発見できて楽しさ増えます。

何事もポジティブに!

 

 

 

 

 

 

関連記事

最新記事

TOP